ノートルダム清心女子大学における「自立力育成科目」での研究成果が認められ、保江邦夫教授、横田和典講師とともに、心体科学研究所代表取締役・山﨑博通代表が、【京都大学研究連携基盤「未来創成学国際研究ユニット」】にて学術的な研究に参加・発表されることになりました。

未来創成学とは・・・

未来創成学国際研究ユニットは、平成25~26年度に採択された統合創造学創成プロジェクト(研究代表者:村瀬雅俊)の研究活動に基づき、基礎物理学研究所が主体部局となり、京都大学の研究所・センター・研究科など12部局(平成28年現在13部局)が参画して、平成27年7月28日に発足しました。異分野を統合することの知的冒険によって、生命・物質・こころの世界、あるいは人間社会・教育・経済を貫く普遍法則や創発原理を探求し、未来を方向づけるパラダイム転換を目指しています。統合複雑系科学国際研究ユニット・宇宙総合学研究ユニットとも連携しながら、多くの外国人教員を迎え、国際規模での研究ネットワークの構築を進め、独創的研究を推進していきます。

京都大学研究連携基盤「未来創成学国際研究ユニット」ホームページ

心体科学研究所、および山﨑博通代表をはじめ、BBC師範一同は、これから多くの方々が未来へ向かって豊かに、幸せに、また元気に暮らしていけるよう、研究してまいります。

また、その研究結果を、惜しむことなく皆様へ還元して参りたいと思っております。

 

LINEで送る
Pocket